今月の言葉 No.74 失ったものを数えるな|従心会倶楽部

従心会倶楽部
シニアの知恵・経験・人脈を活かし、社会に貢献します
従心会倶楽部 今月の言葉バックナンバー

今月の言葉 No.74 失ったものを数えるな

失ったものをかぞえるな、残されたものを最大限に生かせ

東京パラリンピック2020が連日放映され、コロナ禍で自粛中の私共には《良き癒し》となっている。

パラリンピックの創始者・ルートヴィッヒ・グッドマン(英国)は戦争で負傷した兵士に《失ったものを数えるな、残されたものを生かせ》と声をかけ治療したという。パラリンピックはローマ大会(1960年)よりオリンピックと併行して開催され
《手術よりスポーツを》を理念としているという。

そのような背景を知ると、また違った目で観戦できる。パラリンピックの《三色旗マーク》は人間に大切なもの三つ《心、肉体、魂》を表しているという。

(青木青眠・従心会倶楽部会員)

実践経営塾 3分間セミナー
シニア相談室
法人会員募集
メルマガ会員