自分の番いのちのバトン 相田みつを|従心会倶楽部

従心会倶楽部
シニアの知恵・経験・人脈を活かし、社会に貢献します
従心会倶楽部 今月の言葉バックナンバー

今月の言葉 No.59

自分の番いのちのバトン 相田みつを

  父と母で二人
  父と母の両親で四人
  そのまた両親で八人

こうして数えてゆくと
十代前で千二十四人
二十代前では—?
なんと百万人を越すんです

   過去無量のいのちの
   バトンを受けついで
   いまここに自分の番を
   生きている

それがあなたのいのちです
それがわたしのいのちです。

自分が生を受け生きているのは両親のおかげ、その両親にはまた両親がいる。でも当たり前のように生きてきた。昭和~平成~令和と元号は変わっても、命のバトンは連綿と引き継がねばならない。20代後には100万人の子孫ができる、そう思えば《ボーと生きていられない》自分のバトンをしっかり生き、記録を残し、ひき継がねばと思う。

(青木青眠・従心会倶楽部会員)

シニア相談室
法人会員募集
メルマガ会員