田中角栄氏の言葉|従心会倶楽部

従心会倶楽部
シニアの知恵・経験・人脈を活かし、社会に貢献します
従心会倶楽部 今月の言葉バックナンバー

今月の言葉 No.57

田中角栄氏の言葉
《戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。平和について議論する必要もない。だが戦争を知らない世代が政治の中枢になった時はとても危ない》

田中角栄氏は誰でも知っている第64代総理大臣である。
田中総理は元上等兵で戦争体験者である。今の国会議員で戦争を体験している人は殆どいないのではないだろうか。

 昭和が過ぎ、平成最後の年も過ぎようとしている。平成の語源は、地平らかに天成る(書経)、内平かにして外なる(史記)に由来する。
《平成は戦争もなく、天地、内外とも平和であった》と言えるのではないか。
きたるべき新しい時代も、平和を願い、努力したいものです。

(青木青眠・従心会倶楽部会員)

シニア相談室
法人会員募集
メルマガ会員