尊いのは足の裏である 坂村真民|従心会倶楽部

従心会倶楽部
シニアの知恵・経験・人脈を活かし、社会に貢献します
従心会倶楽部 今月の言葉バックナンバー

今月の言葉 No48

尊いのは足の裏である 坂村真民

尊いのは
頭でなく
手でなく
足の裏である

一生人に知られず
一生きたない処と接し
黙々として
その努めを果たしてゆく
足の裏が教えるもの

しんみんよ
足の裏的な仕事をし
足の裏的な人間になれ

頭から
光が出る
まだまだだめ

額から
光が出る
まだまだいかん

足の裏から
光が出る
そのような方こそ
本当に偉い人である

 長年の念願がかない、四国愛媛・松山市近くの砥部にある坂村真民記念館を訪ねた。
立派な記念館で坂村真民の直筆の詩が沢山飾られている。その中で《尊いのは足の裏である》の詩が目についた。

 坂村真民は祈りの詩人、仏教詩人とも呼ばれ、参禅もよくし、足裏をしみじみと見るようになり、《本当の目は足の裏についており、本当の呼吸は足の裏でする》ことを知った。又原始仏教では80歳まで熱砂の土を踏みしめ、衆生を救った釈迦の足の裏を拝んだという。真民も夜は自分の足の裏を洗い、1日の労に感謝し寝ることを習慣とした。

 坂村真民は自分の詩誌「詩国」を毎月発刊し、全国のファンに自費で送る活動を40年以上(500回)も実践した。このような地道な活動が人々に感動を与え、全国に700を超える詩碑が建立されている。《足の裏的》見方、活動実践が人を動かす元になっているように思う。

(青木青眠・従心会倶楽部会員)

シニア相談室
法人会員募集
メルマガ会員